賃貸物件の投資メリット・デメリット

賃貸物件の投資メリット・デメリット

マンション投資とアパート投資のメリットとデメリット

まず、それぞれの投資スタイルのメリットとデメリットから見てみましょう。
なおここでは、マンション投資はマンションの1部屋を購入して貸し出す“ワンルームマンション投資”もしくは“区分マンション投資”とも呼ばれるもので、アパート投資はアパート1棟土地ごと所有しそれぞれの部屋を貸し出すものを指します。

 

■マンション投資の場合

・マンション投資のメリット
初期投資が高額になりやすい不動産投資の中でも、マンション投資であれば1室だけを購入するため負担が少ないということが一番のメリットになります。金額が抑えられれば不動産投資ローンの融資も受けやすく、少ない自己資金で始めることも可能でしょう。
また、マンションは駅チカなど立地の良い場所に建てられているものが多く、それに伴って入居者を集めやすいほか、所有規模が小さいため修繕費用も押さえられるというのも挙げられます。

・マンション投資のデメリット
投資規模が小さいということは、総収入額も小さくなります。利回りも低くなりやすく、さらに土地はマンションの区分所有者全員での共有になるため自由にすることはできません。
あくまでもマンション内の1室の所有者であるため、マンションの共有部分はコントロールや管理を行うことは不可能です。

■アパート投資の場合

・アパート投資のメリット
複数の部屋を所有して運用する形になりますので、入居者が多くなる分だけ総収入額も大きくなります。同時に、全ての部屋が空室にならない限りは収入が全くゼロになる可能性も低いといえるでしょう。
さらにアパート投資は土地ごと1棟買い上げるため、たとえ老朽化で建物部分の資産価値がなくなったとしても土地部分は維持することが出来ます。その上で取り壊して建て直すことも、土地を売却して現金化することも可能であったりと、自由度が高いのもアパート投資のメリットと言えます。

・アパート投資のデメリット
一棟購入しなければならないため、投資金額はやはり高額になります。自己資金が少なくても始めることは可能でしょうが、借り入れ金額が高額になればなるほど負担は大きいですし、融資も通りにくくなりがちです。同じ理由で所有規模が大きいほど修繕費用が高くなることもデメリットになります。
その他、地方の場合は家賃が低い上に家賃下落しやすい、売却しにくいといった流動性も低さもあげられます。