基準地価とは

基準地価とは

土地を売ろうという時、よく耳にする「基準地価」という言葉。似たような言葉に「公示地価」や「実勢価格」などもあり、なんだかややこしいと思われている方も多いはず。今回は、間違えやすい「公示地価」と比較しながら「基準地価」について解説します。

基準地価と公示地価の違いは?

基準地価とは、都道府県が毎年1回公表しているもので、土地取引価格の審査基準価格として設定されたもののことをいいます。
基準地価は、基準値について不動産鑑定士1名によって鑑定評価され、毎年7月1日時点の地価が9月頃に公表されます。
実はこの基準地価は、公示地価の補完的な役割を担っています。なので、基準地価について知るうえで、公示地価の理解が必要といえます。ではその公示地価とはどういったものでしょうか。

公示地価とは、土地鑑定委員会が毎年1回公示する標準地の価格のことをいいます。
目的としては「一般の土地取引価格に対する指標となること」や「適正な地価の形成に寄与すること」があり、また「公共事業用地の取得価格算定の基準」といったものも挙げられます。公示地価の価格は、標準地について不動産鑑定士2名によって鑑定評価され、毎年1月1日時点の地価が3月頃に公表されます。
公示価格は、それぞれの土地がもつ本来の価値を評価するものです。つまり、現存の建物を一切考慮せず、その対象土地の効用を最高度に発揮できることを想定して評価されるものです。

基準地価の役割は?

前述で、「公示地価は非常に公平性のとれた指標」であることが分かりました。
しかし、全国全ての土地をこの公示地価で、その価値を判定できるわけではありません。それを補完するための役割として、基準地価があります。

公示地価の調査対象地を「標準地」という言い方をします。この「標準値」が公示される範囲のことを「公示区域」といいます。
この「公示区域」は全国的に分布しているわけではなく、主に住宅地や商業地等で選出されます。公示区域はあくまでも標準地なので、その区域の価値をもとに他の土地の価値を判定しなければなりません。そこでやっと、基準地価の出番なわけです。

基準地価の役割は、公示地価では判定することができなかったであろう、地方の住宅地や商業地、また山の土地などの判定にあります。
さらに、土地や持ち家を所有している人なら必ず支払うであろう、固定資産税の計算時等にも役立ちます。

不動産の購入や売却を行う時、不動産屋さんを頼ることかと思います。不動産屋さんは不動産取引のプロですが、必ずしも不動産屋さんが提示してくる金額が妥当とは言えません。
なぜなら、売主の利益を尊重して、あなたに適正価格よりも高額な値段で交渉してくる場合もあるからです。損をしないためにも、適正な価格が確認できる「公示地価」や「基準地価」をぜひ参考にしてみてください。