土地売買にかかる費用と必要書類

土地売買にかかる費用と必要書類

土地売買にかかる諸費用〜売り手側〜

土地売買にかかる諸費用を確認していきましょう。事前に確認しておくことで、慌てず余裕を持って支払いを行うことができます。 売り手側が土地を売却する際には、次のような諸費用が必要となります。

科目  内容  金額 
仲介手数料  不動産会社に仲介してもらった場合に払う手数料   ●売買代金の3.24%
●64,800円※  
登記費用  住宅ローンが残っていた場合の抵当権抹消登記の費用や、司法書士への報酬など   ●司法書士への報酬相場は2〜3万円
引っ越し費用  仮住まいに一旦引っ越す場合は、2回分必要 ●距離や家族人数によってさまざま   
印紙税   売買契約書に貼る印紙税   ●契約金額に応じて200円〜16万円   
測量や解体、廃棄物処分などの費用   測量や廃棄物処理などが生じた際の費用   ●測量…50万〜80万ほど
●廃棄物処理…10万〜50万ほど
●解体費…100万〜300万ほど
  

※土地代が400万以上の場合

土地を売却する場合には、こういった現金が必要となるので諸費用の計算を事前にしっかり行っておくことが重要です。


土地売買にかかる諸費用〜買い手側〜

続いて、土地を購入する際にはどのような諸費用がかかるのかを確認していきましょう。

 

手付金  売買金額の一部の金額を払う   ●購入金額の10%程度  
印紙税(売買契約書)  売買契約書に貼る印紙税   ●契約金額に応じて1,000円〜6万円
仲介手数料  不動産会社に仲介してもらった場合に払う手数料 ●売買代金の3.24% ●64,800円※   
手付金を引いた残金   売買代金の残りの金額   ●売り手の口座に振り込む。ローンを組むなら金融機関から直接振込可能な場合もある   
印紙税(ローン契約時)   ローン契約書に貼る印紙税   ●契約金額に応じて200円〜16万円   
登記費用   抵当権設定登記の費用や、司法書士への報酬など   ●司法書士への報酬相場は2〜3万円   
税金等の清算金   日割りにした税金を売り主に払う   ●日割りなので場合によってさまざま   

※土地代が400万以上の場合

見落としていた科目はなかったでしょうか?代表的な諸費用以外に、場合によってかかってくるものもありますので、事前に必要な諸費用をまとめておくことをおすすめします。


土地売買の際の必要書類〜売り手側〜

続いては、土地売買の際に必要となる必要書類をチェックしていきましょう!売り手側の必要書類は、タイミング毎に分けて解説していきます。

 

土地売却依頼時の必要書類

まずは、売り手側から見た土地売却依頼時の必要書類です。

● 登記済権利証
● 売買契約書
● 重要事項説明書
● 土地測量図・境界確認書
● 固定資産税納税通知書
1つ1つ解説していきましょう。「登記済権利証」とは、土地を取得した際に法務局から発行される書類です。パスポートのように1つしかないもので、その土地の所有者であることを証明することができます。 「売買契約書」と「重要事項説明書」は、今回売る土地の購入時に締結した契約書のことです。万が一紛失してしまっている場合には、購入した際の不動産会社に問い合わせてみてください。 「土地測量図・境界確認書」は、隣の家との境界線や土地面積を確認するのに必要となります。この書類も今回売却する土地を購入した際にもらっているはずですが、無い場合には法務局に保管されているので、自分でコピーを取りに行く必要があります。 最後に「固定資産税納税通知書」は、納税額確認のために必要です。毎年送られてくるものなので、最新のものを用意しましょう。紛失時には、該当する市区町村の役所で再発行を依頼してください。


引き渡し時の必要書類

続いて、引き渡し時に必要になる書類を確認していきます。

● 身分証明書
● 実印
● 印鑑証明書
● 住民票
● 銀行口座の通帳
● ローン残高証明書
● 登記済権利証
● 登記識別情報
まず、「免許証やパスポートなどの身分証明書」と、「印鑑登録をしている実印」「発行から3ヶ月以内の印鑑証明書」が必要です。「住民票」は、登記住所と現住所が違う場合だけ用意しましょう。 「銀行口座の通帳」は、売買代金を振り込んで欲しい口座のものを用意します。また、ローンが残っている方は、毎年10月〜11月頃に発行される「ローン残高証明書」を用意してください。 「登記済権利証・登記識別情報」に関しては、売却する土地を購入した際に法務局から発行されているものを用意しましょう。紛失の際には、司法書士に作成を依頼する方法もありますが、5〜10万円ほど費用がかかってしまいます。


土地売買の際の必要書類〜買い手側〜

次に、買い手側から見た土地購入の際の必要書類を確認していきます。特に、発行書類の発行年月日はしっかりと確認するようにしましょう。

土地購入時の必要書類〜買い手側〜

まずは、土地購入時に必要な書類からです。

● 購入申込書
● 印鑑(融資利用時は実印)
● 本人確認書類
● 印鑑証明書
● 収入印紙
「購入申込書」とは、土地を購入する意思を示すためのもので、ローン申請などが通る前に書く書類です。この時点では、まだキャンセルをしても違約金などは発生しません。 「印鑑」は、融資を利用しない場合は認印でも構いません。「本人確認書類」は、住所、氏名、生年月日の3点が確認できるものを用意しましょう。 「印鑑証明書」は、市区町村などで発行が可能です。こちらも3ヶ月以内に発行したものが有効です。

土地の決済・引渡し・登記時の際の必要書類〜買い手側〜

続いて、土地の決済や引渡し、登記の際に必要となる書類です。

● 実印
● 身分証明書
● 印鑑証明書
● 住民票
買い手側の土地決済や引渡し、登記時の必要書類は、どれも難しいものではありません。注意点は、上記の項目とほとんど同じです。発行年月日などを確認して、有効な書類であるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。