不動産面積の種類

不動産面積の種類

不動産の面積・広さ(㎡、坪、帖)


㎡(平方メートル、平米、へいべい)

まずは㎡です。業界のひとは「へいべい」と言いますが、平方メートルのことです。主にお部屋の面積を表すときにパンフレット等に記載されています。当たり前ですが、1㎡=1メートル×1メートルです。畳1帖が約1.65㎡といわれています。6帖の部屋が10㎡くらいですね。1Kやワンルームのマンションですと10㎡台だとやや狭い、20㎡台だと普通、30㎡台だとやや広いという感じです。(一概には言えませんけどね…)

ちなみに部屋を㎡で表記しているのは専有面積といってお部屋の中の面積です。基本的にバルコニー面積は別表記されます。専有面積といって記載されているのは壁芯(へきしん)面積といって、柱や壁の厚みの中心線から測った床面積のことです。壁芯面積は柱と壁の厚みの半分も入った面積だということを覚えておきましょう。


「坪」は一戸建てや土地の売買でよく使われます。1坪が3.3㎡(正確には3.30578㎡)、畳約2帖分です。

100㎡の土地は3.3で割って約30坪ということです。

(㎡を坪に換算する時は0.3を掛けると覚えた方が分かりやすいと思います。この場合だと100㎡×0.3=30坪、ですね)

反対に100坪の土地といえば100坪×3.3で330㎡の土地ということです。

“坪は㎡の30%くらい”と覚えておきましょう。


最後に「帖」です。「帖」は「畳」とも表記されますが、どちらも大きな違いはありません。基本的に和室は「畳」洋室は「帖」で表記することが多いようです。

1帖は約1.65㎡、約0.5坪です。10帖の部屋は16.5㎡、約5坪ということですね。

 

建築面積・延床面積・建物面積・土地面積とは?

建築面積
建物を真上から見たときの外周で求めた面積(水平投影面積)のことを指します。一般的な住宅では、1階部分の面積が概ね該当します。 設計によって1階より2階の面積の方が大きいことがありますが、その場合は、2階を地面に投影した面積が「建築面積」に該当します。 「建ぺい率(建物の面積が敷地に対して占める割合)」の計算基準として使われます。
「建ぺい率」×「土地面積」=「建築面積」です。


延床面積・建物面積
「延床面積」と「建物面積」は同じものを指します。建物の各階の「床面積(壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積)」をすべて足した数値のことです。壁または柱の中心を基準にして算出します。玄関やひさしなどは、奥行きが2mを超える場合は算入されます。
屋内空間の広さに関わる「容積率」の算出に使われます。


土地面積
「敷地面積」とも呼ばれます。真上から土地を見たときの投影面(水平投影面積)を指します。 そのため、斜面にある土地は「土地面積」が実際よりも小さくなることがあります。