不動産売買契約書について

不動産売買契約書について

不動産売買契約書はなぜ必要?

不動産売買契約の際に、なぜ売買契約書の締結をする必要があるのでしょうか。

不動産を売買するということは、高額な金額の取引を行うことになりますので、取り決めや手続き内容、手順の段取りが多くなってきます。

そのため、不動産売買契約書では、取引を行う不動産の内容や契約の条件を明文化することによって、契約当事者(売主と買主)双方がトラブルなく無事に売買契約を終えられることを目的として作成しているのです。

不動産仲介会社が仲介を行う場合には、宅地建物取引業法によって、売買契約が成立した時に、宅地建物取引士が記名押印いた不動産売買契約書を交付することが義務付けられています。

不動産売買契約書の内容

不動産売買契約書の中には下記の内容が記されています。

  1. 売買の目的物および売買代金
  2. 手付金
  3. 売買代金の支払いの時期、方法等
  4. 売買対象面積、測量、代金精算
  5. 境界の明示
  6. 所有権の移転の時期
  7. 引渡しの時期
  8. 抵当権等の抹消
  9. 所有権移転登記等
  10. 引渡し完了前の滅失、毀損
  11. 物件状況等報告書
  12. 公租公課等の分担
  13. 瑕疵の責任
  14. 設備の引渡し、修復
  15. 手付解除
  16. 契約違反による解除、違約金
  17. 融資利用の特約
  18. 敷地権が賃借権の場合の特約

不動産売買契約の流れとは?

まず、マンションの売却を検討されている方向けに、購入者との売買契約の流れをご紹介します。

=売買契約の流れ=

  1. 購入者が条件を決める
  2. 購入者からの買い付け
  3. 契約
  4. 決済・引き渡し

これだけ見るととてもシンプルですが、マンションという大きな買い物。売却する物件の情報をどこでどれだけ確認してもらうことができるのか細分化してご紹介します。

① 条件を決める

マンションを売却するということは購入者の気持ちになって、購入者側の気持ちを理解することが重要です。

購入者は物件を探す前に

  • いくらのマンションを購入するのか(購入価格と、全体的な予算の確認)
  • 必要書類がすぐ準備できる状態なのか
  • 信用できる不動産会社探し
  • 購入後のマンションの用途を明確にしておくこと

を行おうと考えています。

② 買い付け

マンションを探して良い物件が見つかったら、売主に「買い付け証明」を提出します。

購入者が買付け前に欲しいと思っている情報は

  • 売買図面 建物住所や築年数、購入金額等
  • 現地内見 周辺環境や実際に物件を見ることができる、管理状況など
  • ハザードマップ:地域の災害リスク
  • 建物謄本:実際の竣工年月、専用部分の大きさ、権利関係

等が挙げられます。マンションを売却したい人は事前に準備しておくようにしましょう。

なお、購入価格の交渉がある場合は買い付けのタイミングで売主に伝えられますので、
不動産会社にも買主の情報をヒアリングしておくことが重要です。