不動産売却の税金対策

不動産売却の税金対策

不動産売却で節税できる税金は不動産譲渡所得税

不動産譲渡所得税とは、マンションや土地などを売却したときの利益に対して課税される税金で、以下の計算式で求めます。

{譲渡収入−(取得費+譲渡費用)}×税率=譲渡所得税

不動産売却では、不動産譲渡所得税以外にも印紙税や登録免許税がかかりますが、この2つは金額が決まっているため節税することはできません。

不動産売却時の節税におけるポイントは、不動産譲渡所得税をいかに減らせるかということです。


保有期間が5年を超えてから売却する

不動産の所有期間が5年を超えてから売却すれば、不動産譲渡所得税を減らすことができます。

不動産を所有していた期間が5年を超えるかどうかで、不動産売却益に対して掛ける税率が異なるからです。

譲渡した年の1月1日の所有期間が5年を超えている場合を長期譲渡所得、5年以内の場合を短期譲渡所得といい、それぞれの税率は以下のとおりになります。

なお、平成25年から平成49年まで東日本大震災に伴う復興特別所得税として、所得税の2.1%が増税されており、下表は復興増税込みの税率になっています。

所有期間 税率(所得税) 税率(住民税) 合計税率(譲渡税)
長期譲渡所得 5年超 15.315% 5% 20.315%
短期譲渡所得 5年以内 30.63% 9% 39.63%

所得税と住民税はセットで課税されるため、長期譲渡所得の税率は20.315%、短期譲渡所得の税率は39.63%ということになります。

5年経過してから売却すれば譲渡所得税が半分になる

売却する不動産の所有期間が5年を超えるかどうかによって、譲渡所得税は大きく異なります。

所有期間が1年や2年なら仕方ありませんが、もうすぐで5年になるような場合には、売却時期を遅らせたほうが良いかもしれません。


取得費を明確にする

不動産譲渡所得税を計算するうえで、取得費が明確かどうかは非常に重要なポイントです。

取得費とは、土地や建物を取得するためにかかった金額に設備費やリフォームなどの改良費を加えた金額のことで、取得費が分からない場合には概算取得費を利用します。

概算取得費は「売却代金×5%」なのですが、何十年も前に購入した土地を売却するという場合を除き、本来の取得費よりも少なくなってしまうケースがほとんどです。

取得費として譲渡収入から差し引ける金額が減ってしまえば、当然ながら譲渡所得税は高くなります。

節税とは少し違うかもしれませんが、他の方法でどれだけ節税しても、取得費が分からなければ税負担は大きくなってしまいます。

取得費を明確にしておくことは、譲渡所得税を安く抑えるために欠かせません。


「3,000万円の特別控除の特例」を利用する

不動産譲渡所得税は、3,000万円の特別控除の特例を利用することで節税できます。

3,000万円の特別控除の特例は、マイホームを売却したときに生じた利益を3,000万円までなかったことにしてくれる特例で、マイホームの売却であれば所有期間や買換えの有無にかかわらず適用を受けられます。

3,000万円の特別控除の特例の適用を受ければ、譲渡所得税がかかる人はほとんどいないと言って良いでしょう。

もしもマイホームを売却した利益から3,000万円を控除してもなお、利益が残る場合には当然その利益には譲渡税が課税されるのですが、所有期間が10年を超えていれば通常より税率が低くなります。

これを軽減税率といい、マイホームを売ったときの軽減税率は以下のとおりです。

課税長期譲渡所得金額(=A) 税額
6,000万円以下 A×10%
6,000万円超 (A-6,000万円)×15%+60万円

3,000万円の特別控除の特例と軽減税率を利用すれば、大きな節税効果が見込めるということです。

逆に、知らないまま確定申告してしまえば、何十万円と損をしてしまうでしょう。