不動産仲介売却と不動産買取の違い

不動産仲介売却と不動産買取の違い

不動産売却の2つの方法

不動産売却は大きく分けると、不動産会社が売却を仲立ちする「仲介売却」と、不動産会社が買い手となる「不動産買取」の2種類です。仲介売却は売り主様であるお客様と、個人や法人の買い主様との間で不動産取引を行います。不動産会社が売り主様と買い主様の間に入り、売却活動や条件交渉、契約や物件引渡しのサポートを行います。

一方の不動産買取は不動産会社が買い手となり、売り主様から直接物件を買い取るので、売却活動などの仲介業務はすべて必要ありません。そのため、比較的スピーディーに不動産売却が行えます。


不動産会社が仲立ちする「仲介売却」

「仲介売却」は不動産会社が売り主様と買い主様を仲立ちする不動産売却の方法です。不動産会社は売却活動や条件交渉を行い、売り主様と買い主様双方が満足される売買価格での売却を目指します。売却にかかる手続きを、不動産会社に任せられるので安心です。売買契約が成立した場合は成功報酬として、不動産会社の仲介手数料が発生します。

こんなお悩みはありませんか?

お客様によって不動産を売却したい理由はさまざまです。少し時間がかかってもなるべく高く納得できる価格で売却したいとお考えなら、仲介売却をおすすめします。お客様のご事情やご希望をしっかり伺ったうえで、最適な売却方法と適正な査定価格をご提供いたします。


不動産買取はすぐに現金化できます

不動産買取は不動産会社が売り主様から直接、物件を買い取る売却方法です。売却活動を行う必要がないので、不動産をスピーディーに現金化できます。内見などの手間がかからないため、ご近所に知られずに売却できる点もメリットです。仲介売却より価格が下がってしまいますが、リフォームや解体費用、仲介手数料はかかりません。

こんなお悩みはありませんか?

  • 多少安くても、すぐに売却して不動産を現金化したい
  • 住み替えの頭金にしたいので不動産を売却したい
  • 仲介売却で買い手が見つからず、必要な現金が間に合わない
  • 内見などの手間をかけずに売却したい
  • 税金や管理費の支払い、リフォーム費用の余裕がないので早めに売却したい
  • 介護施設に入居した親の持ち家を処分したい
  • 訳ありの事故物件を早く手放したい
  • 近所に知られずに自宅を売却したい

上記のような不動産のお悩みに適切かつ迅速に対応し、最適なご提案をいたします。お客様それぞれの事情をきちんと理解し、秘密厳守でお伺いしますので、安心してご相談ください。