不動産のリースバック

不動産のリースバック

不動産の「リースバック」とは

多くの方にとって、憧れのマイホーム。しかし、購入後に住宅ローンを長期にわたって返済していくことは、簡単ではありません。そんな毎月の住宅ローン返済を負担に感じたとき、その悩みを解決するのが「リースバック」という方法です。

リースバックとは、現在住んでいる自宅を売却して、売却代金を得ることができて、さらに売却後も家賃を払いながらそのまま住み続けることができる方法です。不動産の売却方法の1つで、まとまった資金を入手しながら、売却後も引っ越すことなくそのまま現在の自宅に暮らし続けることができます。


リースバックの仕組み

リースバックの仕組みはどうなっているのでしょうか?リースバックを利用する際、次のような手順を取ります。

1 家を売却する
不動産会社などリースバックを行っている業者に現在住んでいる家を売却します。

2 売却代金を受け取る
リースバックの業者から、売却代金を受け取ります。

3 リースバック業者と賃貸借契約を結ぶ
リースバック業者が、売却した家を賃貸物件として貸し出し、賃貸借契約を結びます。

4 家賃を払う
リースバック業者に毎月の家賃を払い、その家に住み続けます。


リースバックのメリット

リースバックには、次のようなメリットがあります。

メリット1:売却後も住み続けることができる
一般的な不動産の売却であれば、その家を手放すこととなり、引っ越しが必要となります。でもリースバックの最大のメリットは、売却した後もそのまま住み続けられること。

リースバックでは、売却と同時にリースバック業者と賃貸借契約を結び、賃貸物件として家を借りてそのまま住み続ける権利を得ることができます。 引っ越しが必要ないので、新しい家を探したり契約を結んだりする手間が省けるうえ、子供の転校などを考える煩わしさもありませんし、引っ越し費用もかかりません。住み慣れた家でそのまま暮らせることは、大きな魅力です。

メリット2:固定資産税の支払いが不要
不動産を所有していると、毎年固定資産税の支払い義務があります。さらに、建物の修繕費、火災保険など、さまざまな経費がかかります。でもリースバックで売却すれば、賃貸物件に住むことと同じになり、固定資産税などの支払いが不要となります。必要なのは、賃料のみ。そのため、毎月の支払いが一定額となり、家計のやりくりがしやすくなる可能性が高いでしょう。

メリット3:まとまった資金を手に入れられる
リースバックで売却すれば、まとまった資金を手にすることができます。「老後のための資金を用意したい」「事業資金にしたい」など、さまざまな事情でまとまった現金を手にしたいとき、リースバックが有効です。

しかもリースバックなら、現金化するまでの時間が早い特徴があります。従来の不動産売却では、売り出してから買い手を見つけ売買契約を結ぶまで、数ヶ月程度の時間がかかります。しかしリースバックなら、リースバック業者が不動産を買い取ることがほとんどなので、手続きの時間が短くできるのです。


リースバックのデメリット

リースバックにはメリットが多いように感じるかもしれませんが、デメリットもあります。

デメリット1:自宅の所有者が変わる
リースバックの仕組みで紹介した通り、リースバックはまず不動産の売却を行います。そのため、その不動産の所有者がリースバック業者などに変わることになります。不動産を資産と考え、将来子供に相続したいと考えていた方は、それができなくなります。

また売却後は、リースバック業者など新しい所有者が定めたルールに則って、生活しなければならなくなります。ただ、リースバックでは売却後に買い戻すことが可能です。もし資金に余裕ができたときなどは、再びマイホームとして買い戻す選択肢があります。

デメリット2:毎月家賃が発生する
リースバックでは、売却後に毎月家賃を払ってそのまま住み続けることになります。この家賃は、売却価格を基準に利回りを考慮して決定されることがほとんどです。つまり売却価格が高ければ家賃も高くなり、相場よりも高くなる可能性があります。リースバックの交渉段階で、どのくらいの家賃となるのか確認しながら、慎重に進めることをおすすめします。

デメリット3:売却価格が低めになる可能性がある
リースバックの売却価格は、従来の方法で売却する場合に比べて、低くなる可能性があります。だいたい相場の7~8割程度になると言われています。もちろん、築年数や地域など不動産の条件によって価格は異なりますが、やや低めになると覚えておきましょう。