リースバックによる老後の生活設計

リースバックによる老後の生活設計

こんなお悩みありませんか?

  • 老後資金もないのに、年金だけで暮らしていけるだろうか…
  • ローンの返済が厳しい…少しでも月々の支払いをラクにしたい…
  • ローン返済中なのに、コロナの影響で収入が激減してしまった…
  • 急な出費でお金が必要に…安全な資金調達方法はないだろうか…
  • そろそろ相続について考えるべきだが、自宅を手放すのは難しい…

一生に一度の大きな買い物で大切な資産でもある「持ち家」
しかし近年では、その持ち家を所有していたことで様々な問題に直面してしまう方が多くいらっしゃいます。
中でも多いのが相続に関する問題で、ある調査では実に約7割もの人が相続後の手続きや人間関係に「大変だった」と回答しています。

大切な資産である不動産が
子どもたちの“負”動産になってしまわないよう、
買い手がつくうちに相続対策しておくことをおすすめします。

コロナによる収入減で住宅ローンの返済ができない家庭が急増!

新型コロナウイルスの影響による勤務先の業績悪化や倒産によって収入が激減し、「住宅ローンが払えない」という家庭が急増しています。
しかし一定期間返済が滞ると否応無しに強制売却(競売)されてしまうため、人によっては高金利な借入をしてでも大切なマイホームを守ろうとします。すると、「ローン返済のためにお金を借りる」多重債務の状態に陥ってしまい、気が付くと終わりの見えない借金地獄に落ちていた…という結末に至るケースも少なくありません。

月々の返済が厳しいからといって、
その場しのぎでキャッシングに手を出すのは大変危険です。

しかし持ち家を手放したことで新たな問題が生まれるケースも…

2019年に金融庁が公表した「老後2000万円問題」にもあるように、将来安泰した生活を送るためには今のうちからライフプランのシミュレーションや資産形成に取り組んでおく必要があります。
ところが持ち家を手放したことで別の問題が発生してしまうケースも少なくなく、特に高齢者世帯が持ち家を手放した場合、その後の賃貸住宅への住み替えは容易ではありません。

民間の賃貸住宅は高齢を理由に貸し渋りすることが多く、
また入居できたとしても持ち家の時には無かった家賃や管理費、
駐車場代などが家計を圧迫することも…

「早く家を手放さなくちゃ…でも将来、賃貸アパートで暮らすのは不安…」

リースバックなら、これらの課題をすべて解決できます!

不動産売却査定.com は、自宅を売却した後もその家に住み続けられる“リースバック”というサービスをご提供しております。
「住宅ローンや借入返済が厳しい」「早急にまとまった資金が必要」「相続問題や住み替えで困っている」
このようなお悩みをお持ちの方はぜひ、不動産売却査定.comまでご相談ください。