リースバックと住宅ローン

リースバックと住宅ローン

「住宅ローンの返済が厳しいが、家を手放したくない」

「今から家を建てるけど、住宅ローンの返済を滞らないか心配」

上記のような不安や悩みを抱えていませんか?

住宅ローンは、高額な金額を長期で返済していく借金のため、誰しもが不安を抱えています。

また、住宅ローンの支払いが滞り、家を手放す人も珍しくありません。

しかし、誰しもが、そのような経験をしたくはないと思います。

長年住んだ思い出のある家を手放したくないと考えるのは自然です。

この不安や悩みを解消するために生まれたのが、リースバックという仕組みになります。

リースバックを利用すると、家を売り渡して現金を得た後でも、賃貸契約を交わすことで住むことができるのです。

住宅ローンの返済が厳しくて売却を検討しているが、「引っ越しをしたくない」や「家を手放したくない」などの気持ちが強い人に最適な仕組みといえます。

もちろん、売却したのちに現金が貯蓄できたなら、売り渡した家を買いもどすことも可能です。

ここまで説明すると、リースバックは物凄くいい仕組みで短所などないように思うかもしれません。

しかし、当然ながらリースバックにも短所はあります。

何事でもそうですが、長所だけの仕組みは存在しないことを覚えておいてください。

結局は、長所や短所を知ったうえで、あなたに合っているか判断することが大事なのです。